So-net無料ブログ作成

がんの私を精神的に楽にしてくれたもの

私はがんになってはじめて死を身近に感じるようになった。

私が20代の頃に父を亡くしていたので、人はいずれ死ぬことは分かっていた。
それでも40代で死に直面するとは予想外、平均寿命が80才を超える現代、私は人生半ばだと思っていた。

ひとはどこから来て、何のために生まれて、どこへ行くのか。

既存の宗教・新興宗教どこにも答えは無く、ただ答えを探しながら過ごした。
そのなかで以前から放送していたオーラの泉を時々見るようになった。

今はいろんな状況で科学的に証明されていないものは放送されなくなっているが、私にとってそれはどうでも良かった。自分の心に響くかどうかだ。
毎回番組が自分の探しているもののヒントになるわけではなかったが、時々「あーこんなことかな」と思うことがあり、放送終了する頃には心が楽になっていた。

私の心を楽にしてくれたものはおそらくこの番組だけではなく、私を取り巻く自然・太陽の温かさ、風、鳥のさえずり、雨、草木の緑、いろんな音楽、そして家族。総合的なものだろう。

答えは見つからなかったし、今も見つかっていない。死ぬまで生きるそれがたどり着いたところだった。

がんだとわかるといろんな宗教の勧誘が来る。
その中には勧誘とわからないものもある。

TVで新興宗教の勧誘方法を紹介する番組をたまたま見ていた。
病院へ行き、がん患者の入院病棟へ見舞いを装って入り、患者の家族の後を付けて家を特定する。
それからその家に定期的に宗教のパンフレットを入れる。

心が疲れている家族はその宗教に通うようになる。

「ん?」これはどこかで?

私が外科外来に通院していたころ家にある新興宗教の小雑誌がポストに入るようになった。
始めは子育て世代のお母さん向け。
なかなか良いことが書いてある、参考になる。
その後同じシリーズのがん患者の体験談が載ったものがポストに入っていた。
これもなかなか良い出来で、ちょっと話を聞きに行こうかなと思うほど。

この番組を見て「私を病院からつけてきたのか」と思うと、気持ち悪いし、怒りもあった。

確証はありませんが、がん患者家族はくれぐれも気を付けてほしいものです。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。