So-net無料ブログ作成
検索選択

第5中足骨折

2016年10月27日
自宅近くの砂利道で足を踏み外しました。
気が付くと左足の猛烈な痛み、右ひざの痛みで地面に正座していました。
すぐには立ち上がれませんでしたが、100メートルほど家まで帰りました。
左足の甲に湿布をしてみましたが激しい痛みと腫れに"これはただ事ではない予感"。

午後、整形外科を受診しました。
レントゲンと診察。
"左小指の付け根あたり骨折しています。完治までギプスをして4~6週間ぐらいでしょう。"
シーネという濡らすと固まるギプスを指の付け根から踵からふくらはぎまで当てて、それを包帯で巻く。
湿布はなし。痛み止め1週間分。
松葉杖の簡単な使い方説明を受けてレンタル

痛みは3日ぐらいで治まり、家では松葉杖1本で左足をちょこっと床に着けて歩きました。

1週間後再診。
レントゲンと診察。先生はレントゲンを見ながら
"うーん、ウォーキングをするんですよねー。うーん、50代ですよねー。このまま骨折部分はくっつくかもしれないですけど、痛みが残る可能性もあります。紹介状を書きますので大きな病院で診てもらってください。"

4日後紹介された総合病院でレントゲン、CT、診察。
"このままだと骨折部分はつきません。離れたままでしょうから手術をおすすめします。1年にひとりいるかいないかのひどい骨折です。"
と、昨年同じ手術をした方のレントゲンを見せてくださいました。ネジで止めるだけかと思っていたら、骨折で離れてしまった部分を引っ掛けて戻す器具とそれを止めるボルトや針金みたいなものまで大がかりな手術が想像できました。
入院と全身麻酔のための検査説明を受けて、心電図、採血、検尿、血圧、肺活量。

1週間後入院。
手術の説明を受けて、第5中足骨折、観血的整復固定術、全身麻酔、チタン合金のプレートとワイヤーで骨折部を固定する。退院は3週間後。翌日午前手術。

手術当日。
手術は2時間ぐらい、傷は透明なテープでおおわれ、シーネに包帯。足を高くして、アイシング。
痛み止めを点滴で入れてもらい朝までしのぐ。
腫れているのと内出血で青くなって、痛みは3日ぐらい腫れは1週間すると少し良くなってきた。

リハビリは2日後から始まり1週間後に退院できるように松葉杖で歩いて階段を上下できるように習いました。両松葉杖は腕や肩の筋肉が不足していたようでとても大変でした。階段もとても怖くて汗びっしょり。

1週間後退院。
両松葉杖で左足は床に着けない。家では家事をやろうと1日に1回は転んでいました。
足を着けるまで術後3週間かかるので仕事や家事がゆるすなら3週間は入院していたほうが良かったです。せめて2週間。

退院後1週間外来。術後2週間。
レントゲンと診察。
良好ということで、抜糸、シーネがつま先から踵までに作り替えられた。靴の中敷きのような感じ。
シーネが短くなってとても楽。寝る時も楽。
左足に5~7キロぐらい体重をかけていいとのこと。ちょこっと左足を床に着けることができてバランスがとれて転ばなくなった。リハビリで体重の掛け方やマッサージの方法も丁寧に指導してもらい家で筋トレも始めた。

術後3週間。外来。
レントゲン、診察。リハビリ。
左足に体重の二分の一を掛けることができ杖が1本になる。

術後4週間。外来。
レントゲン、診察。リハビリ。
手術あとに貼ってあった透明テープから紙のような茶色のテープを貼るだけになる。
左足にのシーネは家ではつけなくていいようになる。外出時は着けるように指示される。

術後5週間。外来。
レントゲン、診察。リハビリ。
骨折はまだついてはいないけど順調で松葉杖返却。骨が付くのは3か月後ぐらい。

術後6週間。外来。
レントゲン、診察。
リハビリは全体重での歩行の最終チェックで終了。
歩行はゆっくりとできるようになり、杖を買いましたが使いませんでした。

術後10週間。外来。
レントゲン。診察。
手術跡の皮膚の様子。レントゲンで骨折部分が着いてきているようだとのこと。
抜釘の時期などの説明、術後1年に予定。

現在の様子。
歩行はすっかり元通り。小走りはできます。ダッシュはできません。正座はできません。痛みがあるので無理にはしません。金属が入っているところがピリッと痛いことがあります。左はなぜか足の裏が湿っています。

次は11月ごろの抜釘でしょうか。
これからは転ばないように気を付けます。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。